プレゼントの景品でもらってうれしいものは何?

>

子どものもらって嬉しいもの

嬉しいと言えばおやつの大入り袋やおもちゃ

筆者もいまだにテンションが上がりますが、普段見ている駄菓子の大入り袋。
子どもの頃に駄菓子屋に通っていた記憶がありますが、一つ何十円の商品が大量に入った箱や袋は飛んでもなく嬉しいものです。
現代はあまり駄菓子屋さんがありませんが、それでも大型のスーパーなどのおやつ売り場にある駄菓子が大量に入った箱が一度に手に入った時の目の輝きは何にも変える事ができないほどキラキラしているのではないでしょうか?
後は、サプライズができるマジックふりかけのような面白食材。
大人が驚くこともお子さんたちは大好きです。
家族みんなでびっくりできるような景品が当たった日の夕食は子どものいたずら心が止まらないどっきり晩御飯が楽しめそうですよ。

おやつの他にはやはりおもちゃです

おやつ意外だと、大人の男性にも共通するところがありますがやはりおもちゃではないでしょうか?
もうそろそろ無くなりそうな諭吉さんがデザインされている一見お札に見えるお財布や、マジックの道具なども人気の高い景品ではありますが、やはりこちらも普段の生活では購入できない、手に入れる事が困難な品物が喜ばれます。
最近では親の年齢が若い家庭では幼少期からテレビゲームに親しむ子どもたちも多くいます。
ですから、ゲーム機本体やソフトは喜ばれる景品に入る一品です。
こちらも、予算によりけりですが手に入ることが困難な物が人気です。
景品が魅力的だとゲーム自体も盛り上がり、パーティーの時間がとても充実した楽しい時間に代わりますから予算の範囲内で参加者の望むものを用意したいものですよね。


この記事をシェアする